Category: 151〜200

2012年10月22日   東日本新潟選手権2012(1)
2012年09月11日   第8回生ビールカップ
2012年07月20日   フォームについて
2012年07月17日   ビリヤードを教える
2012年06月21日   『TEPPEN』に登場したビリヤード
2012年05月14日   新しいキューに慣れて
2012年03月30日   キューを9年ぶりに購入
2012年03月04日   グランプリイースト視聴中
2012年02月27日   セカンドキュー
2012年02月21日   本当に美味しかったうどん
2012年02月05日   「スポーツ」その後
2012年02月02日   再び生ビールカップ!
2012年01月17日   東日本神奈川テンボールトーナメント2012(2)
2012年01月16日   東日本神奈川テンボールトーナメント2012(1)
2012年01月07日   ターニングポイント。
2012年01月01日   新年のご挨拶
2011年12月27日   ネプチューンクリスマスカーニバル2011
2011年12月26日   ネプチューン
2011年12月24日   めりくり。
2011年12月19日   ナインボールクラシック・レディース&メンズ2011
2011年12月11日   生ビールカップ 〜おまけ〜
2011年12月08日   生ビールカップ 〜閉幕〜
2011年12月07日   生ビールカップ 〜おいwwww〜
2011年12月06日   生ビールカップ 〜ひしひし〜
2011年12月05日   生ビールカップ 〜かねてより〜
2011年11月29日   JPAフェスティバル2011
2011年11月22日   戻っています。
2011年11月15日   出発進行
2011年11月10日   15の夜
2011年10月30日   ガイルにて
2011年10月22日   月末のビリァード
2011年09月21日   茅ヶ崎にビリヤード『gail』OPEN
2011年09月18日   神奈川選手権
  新チーム決定!
2011年09月11日   ロートル
2011年09月05日   グループリーグ敗退
2011年09月02日   三周年
2011年08月25日   試合で不調時の対応
2011年08月12日   JPA初シーズン終盤。
2011年07月29日   渋谷と志木で(4)
2011年07月28日   渋谷と志木で(3)
2011年07月27日   渋谷と志木で(2)
2011年07月26日   渋谷と志木で
2011年07月20日   カーリープロ
2011年07月15日   アシスタント
2011年05月30日   球聖戦A級戦
2011年05月20日   JPA参加
2011年02月24日   続・DI-PROシャフト加工
2011年02月10日   15周年記念ジャンプキュー♪
2011年01月31日   球聖戦C級戦2011

東日本新潟選手権2012(1)

先週末、自身としては久々の公式戦となる「第9回 東日本新潟選手権」に行ってきました。

このブログが既に物語っていることなのですが

筆者も今まで、それなりに数々のビリヤードの活動をしてきたものの、遠くへの遠征は殆どしてきていません。

旅行というもの自体あまりしてきていません。

35歳の今、自分の人生で悔いの残る部分であり、「これからは遠出したい、旅行しよう!」と意識していたところでした。

今回はオンザヒルのmathilda氏に「面白いメンバーが集まるとおもいます。来てみては?」と声を掛けてもらったのがきっかけです。

なかなかもう「単身遠くの公式戦に乗り込む」というテンションではない筆者ですが、球仲間の青柳夫妻もエントリーしているとの情報を嗅ぎつけ、すかさず「是非同行させてください」お願い作戦を決行。快諾戴けたことで新潟選手権出場の気持ちが固まりました。

今回の記事で出てきたmathilda氏、青柳夫妻共に、ブログやツイッターがきっかけで交流が始まっています。

今までのこともブログに書いてきていますので、よろしければ読んでみてください。

一泊二日の「旅行」(←遠征という認識ではなく)でしたが、今年一番と言っていいくらいの心に残る出来事となりました。

「楽しかったことをブログに書く」ということも、なかなか最近は難しく感じているのですが、久々に長編でお届けしたいと思います。

(ただ、、写真がないんだよねぇ〜(涙)あのお方のカメラに収まっている筈のあの写真、どうにか入手したいどーーー)

■■■ 関連記事 ■■■
2010年03月23日『JO決勝日』 http://shinjo-live.doorblog.jp/archives/1182658.html
2010年12月10日 『巨星と50先!か〜ら〜のクラシック。』 http://shinjo-live.doorblog.jp/archives/1349944.html
2011年05月30日『球聖戦A級戦』 http://shinjo-live.doorblog.jp/archives/1516517.html
2012年03月30日『キューを9年ぶりに購入』 http://shinjo-live.doorblog.jp/archives/1665341.html

第8回生ビールカップ

去る2012年9月8日土曜日、きゃぷてんさんの主宰する「生ビールカップ」に参加させていただきました。

筆者の参加は3回目です。その内1回は二次会からの参加だったので、朝からスタメンとして参加させていただくのは2回目でした。

さて。今回の生ビールカップをどのようにブログに書こう。。。これがまた惑う。迷う(笑)

悩んだ末に、今回は参加メンバーへのメッセージを綴りたいと思います。

生ビールカップの内容、リザルト、歴史、写真、その他もろもろのエピソードを知りたいと興味を持たれた方は、WEB上に多数ちりばめられている生ビールカップの記事を読んでいただければと思います。

今回参加14名、13人に向けたメッセージ。ほいじゃあ、いくぜい♪

安部五月さん
今回の「ベスト・インパクト賞」は誰に授与するのですか?気になって夜の寝つきがかんばしくないです(笑)

ヨッシーさん:
イベントの水先案内人的なポジションを買って出て頂いてありがとうございます。今回ヨッシーさんとながい時間絡めて楽しかったです。

drunkyさん
次回あたりは撞いている姿を見せてほしいです。そろそろいい頃でしょうw

ブラッドさん
今回は体調不良に苦しみましたね。でも、開き直らず放り投げず、最後まで苦しむところがブラッドさんらしいなあ、とか妙な納得をしていたのは内緒です。

ベルちゃん
前回は生ビールカップオフィシャルWEBサイトの立ち上げ、今回は会計とイベント進行を練ってくれました。ご苦労さま。あら?そういえばもしかして今回ディフェンディングチャンプじゃなかった?ww

のいぢ:
ビリヤードうまくなってきたね。でも、今回も結局、1回たりとも中心は撞かなかったよねww

おうじ:
もしや今回はお酒をセーブしてましたか?そんなの必要ないんだからねw

おーちゃん:
ビリヤードから離れつつある状況の中、よくおいでくださいました。ビリヤードはね、また時間ができたらやればいいよ。それで十分。培って得たものはなくなりはしないから。

B級酒場の店長さん:
今回、僕は店長さんとのゲームが一番球入れれました!今度はもっとゆっくりやりたいですね。素敵な宴会場の提供ありがとうございました。

RYOさん:
初めましてでした。お話とかツイートからビリヤードへの高いモチベーションが伺えました。そういう時は伸びる時です。頑張って下さいね。

ATさん
初めましてでした。カラオケでは自分の番の時に毎回僕に片方のマイクを渡してくれたのが嬉しかったです♪また球もお酒もよろしくおねがいします。

たつ兄:
初登場即優勝すごいね。場内遠目から見てて、恐ろしくガスガス取りきっていく姿が印象的だったよ。

きゃぷてんさん
いつもありがとうございます。この言葉しか出てきません。多分、参加者一同同じだと思います。

☆おしまい☆
(今後は写真や記事へのリンクを追記するかもしれませんがとりあえず未定とさせていただきますm(__)m)


【9/30 写真追加】
フィーリングでサクサク選びましたので今回の参加メンバー全員は網羅できていません。お許しをーm(__)m

















































☆スペシャルおまけ☆
o0480085412173685014

是非拍手お願いしまーす!記事右下をクリック!(PCのみ)

フォームについて

今回はビリヤードのフォームについて書いてみたいと思います。

あのですね。ひとことで言うと、フォームとは即ち―

なーんて、こんな壮大かつ果てしないテーマに、筆者が答えを持っているはずもありません。

フォームというのはいわゆる形ですよね。しかも目に見える。

キャリアと共に、意識して、直して上達してきた人と、全く外見など気にせず集中してやる中で自然に変わってきた人と、様々だと思います。

意識して直すとしても「正解のない世界」のお話です。

今までのAの方がいいのか、変えてみたBのほうがいいのか。

結論を出せるのは、ほとんどのケースで貴方しかいない。

難しいと思います。

じゃあ、「フォームなんて関係ない。玉が入れれれば良い」

これも違うと思います。

これはフォームを気にせず玉が入れれるようになった人だけが言える台詞でしょう。

解答がない世界だから、セオリーを見て、トレンドを見て、なによりも自分を見て、試行錯誤していくしかない。

あるいは、どれだけ意識から遠ざけるかを、心掛けるか。

とまあ、勢いのままに書いてきましたが、筆者が今、一番フォームについて思うこと。それは

フォームは毎日、違う

フォームは毎回違います。というか、もしかしたら「毎回同じに感じることができない」の方がより近いかもしれない。

昨日心掛けてうまくいった“秘策”が、次の日に頼ってみても、まるで威力を発揮しない。あっさりとへし折られる。完全なる“Not Found”―

そんな経験、腐る程に経験するうちに今の境地に達しました(笑)

だから、流動的な中で「今日のそれ」を掴まないといけないし、(長期的な観点でいえば)流動的じゃない「確かなもの」を見つけださないといけない。

漠然とした文章で申し訳なく思います(涙)

この記事を、スランプに悩む筆者のブログともだちに捧ぐ。

ビリヤードを教える

今年になって、ちょこちょこ機会があった時に「教える」ことをしています。

あ、もちろんビリヤードです(笑)

これは、「〜してあげている」みたいな奉仕の気持ちではなく

なんらかの形で人の役に立ちたい。自分が人に必要としてもらえるか試したい

みたいな、自己の欲求に基づいたものです。

お金を戴いたりはしません。一緒にビリヤードをプレーするのと同じ感覚です。

レッスンは予め約束したり、突然に始まったりします。

時間は1〜1.5時間で、ナインボールを一球交代で、いわゆるペアマッチ形式で進めていきます。

相手のショット選択やインパクト(撞き方)などで気づくことがあれば伝えて、相手の意見を聞きます。

また、筆者のプレーでなにか質問があればしてもらい、それに答えます。

一番教えることが多いのは「土手撞きの時のブリッジのバリエーション」です。

いわゆる土手撞きの時は、手球と土手の離れ具合いに応じて、いくつかのブリッジを使い分けしないといけないので、その重要さについて話します。

土手撞きは、とてもズレやすい、難しいショットなんです、ということを知ってもらいます。

交互に撞いている時、筆者がポロポロ(土手撞きを)外すので、すぐに納得してもらえますw

ははは。筆者自身もシリアスに、且つ楽しんでやっています。

今まで教えてきて、すごく喜んでもらえたことも、逆に、喜んでもらえなかった(んじゃなかろうかと後々感じた)こともありました。

相性も重要だと感じました。一歩間違えると「自論を押し付けてくるいやな奴」にさえなってしまう。それでは本末転倒ですから。

これからもタイミングを見て、今だと思えば躊躇なく教えていきたいと思いますが、奥深いですね、教えるということは。

BlogPaint

『TEPPEN』に登場したビリヤード

先週末のことになりますが、フジテレビにて放送された『TEPPEN』を観ました。

『TEPPEN』は(各種目ごとに)芸能界特技王の頂点を決定するという番組だそうです。

今回新たな種目としてビリヤードが加わる、ということで注目していましたが、番組を、無事にビリヤード場で観ることができました。

無事に、、、というのも実は筆者、自宅にテレビがないのですよ!(涙)オンエアが土曜日で本当に良かった〜

筆者がテレビを点けた時は「100メートル走」をやっていて、「いつビリヤードになるんだよー」とか言いながらのんびり見ていたわけですが、CMに切り替わる瞬間、ビリヤードテーブルがチラと視界に―

ビリヤードキタ━(゚∀゚)━!!!

童心に帰るというか、ごくフツーにミーハーに、テンションが高揚しました(笑)

筆者もなんだかんだ、ビリヤードが大好きなのかな。

用意されたお題に、芸能人プレイヤーが順次挑んで成功・失敗を競う「トリックショット対決」というフォーマットでしたが、筆者は単純にオモシロかったです。周りの人とやんや好き勝手いいながら、終始見入ってました。

番組でまたビリヤードが取り上げられる時は、是が非でも観たいですな。

テレビがあるビリヤード場に駆け込みつつ(笑)

■■■ 参考URL ■■■
土曜プレミアム 芸能界特技王決定戦『TEPPEN』 - とれたてフジテレビ
http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2012/120601-193.html
本日21時より『TEPPEN』を見逃すな! BLOG at Onthehill ! 
http://onthehill.seesaa.net/article/274105081.html

新しいキューに慣れて

新しいイクシードを使い始めて一ヶ月以上が経ちました。

購入時に着いていたシャフト「ハイブリッドプロ2」は知人に売り渡し、新規に「314-2シャフト」を購入して使っています。

新品の、まっさらのシャフト。(値段が)高いけど、やっぱり気持ちいいものですね。

プロショップMECCAで通販購入しましたが、希望どおりの重く、真っ直ぐなシャフトを用意して頂いて満足しています。

9年ぶりにイクシードを買い替えたわけですが、特に打感が良くなったと感じています。

バットの構造に依るものだとおもいますが、とにかく響きがいい。打感がいい。製品としてちゃんと向上してる。

単純に、撞いててたのしい。

以前のキューよりもトビが出るように(見越しが大きく)感じますが、許容範囲内。慣れで合わせられるようになってきました。

やっぱりサンイチヨンは、実戦向きだと感じます。インパクトを間違っても、助けてくれる(ケースが多々ある)。

具体的に言葉で説明してと言われたら困ってしまうけど、新品を使って改めて実感しました。

キューにしてもシャフトにしても、高価な買い物です。「失敗は許されない」っていうレベルで、重要な買い物です。

今回、大満足に使えるキューということで落ち着き、ほんとに一安心しています。

今度のキューでまた、楽しい思いや悔しい思い、数々のドラマに直面することになります。

それを思い浮かべるだけで、今はとても嬉しいです。

キューを9年ぶりに購入

先月、セカンドキューを物色開始します的な記事を書きましたが

昨日、とうとう新しいキューを買いました。

プレーキューの購入は、じつに9年ぶりのことです。

新しいキューはまたもやイクシードのカーリーメイプル・ストレートモデル。

かなりデザインは似ています。

ほぼ新品といえる状態で、通称「美人元店長さま」(以下モトテンさん)から購入しました。

セカンドキューを探したいと思った時に、ふと、モトテンさんがイクシードのカーリーメイプルを使わずに所持してることを思い出したんです。

すぐに彼女にメールし、「もしあのイクシードを手放しても構わないと考えているなら、一度見せてほしい」とお願いしました。

快諾を頂き、日取りを決めて彼女のホーム「ブラザー」で待ち合わせをしました。

キューを見せてもらい、ここぞとばかりに重さを測る、ウェイトボルトを抜く、試し撞く、挙句の果ての必殺技、C.C.C(コロコロチェック)を敢行。筆者はもちろん鼻息荒め。暑苦しさ、MAX―

見方によっては不審ともいえる挙動の末、数分後には購入の意志を伝えていました。そして購入。無事に自分の所有物となり、一安心。

まじ感激しましたーモトテンさんありがと〜

その後は、早速そのキューでモトテンさんとセットマッチ。やがて旦那である通称「埼玉の巨星」が来店。すかさずセットマッチ。

先日の球聖A級戦、憧れの「球聖戦A級シード」から劇的に降臨した彼でしたが、今年は無念な結果に終わったとのこと。期待していた筆者としても残念でしたが、この日ブラザーで見せた彼のプレーは相変わらずな、埼玉の巨星そのものでした。

神保町ブラザーにお邪魔するのは二回目でしたが、元気な宮ノ前さんが迎えてくれました。しかも、前回筆者が忘れ物したリップクリームを長期間保管していてくれ、とても嬉しかったです。

店内に高級感が漂っていて、じっくりゆったりプレーできそうな雰囲気と、ブランズウィック垢鯢頭に、備品に掛かる経費の出し惜しみをしていない印象で、とても好感のもてる大人なお店でした。

キューの写真は後日、このページにアップしますね。よければ見てやってください。ほんと似てます(笑)

【2012/4/1 追加】

BlogPaint

グランプリイースト視聴中

今日は、外がとても寒そうなので 済まさなければいけない作業があり、自宅におります筆者です。

「グランプリイースト'12 第1戦 in Xフィールド」をUST視聴してますが、お陰でとてもいい日曜日となっています。作業のほうは完全に止まっちゃってる―、てか始まってないしwww

2012年の開幕戦となる今回ですが、ベスト16に揃ったメンバーが素晴らしく、筆者と同年代のプロ、当時から一線を走り続けているプロ、現在一世を風靡している選手、らーめんで言うなら「トッピング全部入り」クラスのゴージャス感です。

あんど動画の画質が良く、以前よりも臨場感が増した気がします。スコアもリアルタイムで掴めて快適です。

ヒルヒル突入したら即座に画面最大化。試合堪能に死角なし(笑)

現在ベスト4が進行中。塙圭介 vs 西嶋大策の勝者と土方隼斗 vs 赤狩山幸男の勝者によるファイナルとなります。

どうなるのかな。

今回は塙圭介と西嶋大策の両雄を応援目線でたのしみたいと思います。

セカンドキュー

今回は久々にキューの話でも。

とはいえ当ブログ、意外にもキューのことをあまり書いてきていません。書いたとしてもブレイクキューとかジャンプキューのことで、メインとなるプレーキューについては1回紹介がてら書いた程度だと思います。

51797843

今使っている初期イクシードは、もう9年使っています。9年前に千葉のイーアールスポーツで衝動買いした虎目のイクシード。

買い物好きで知られる筆者が、9年間という永い期間、このキューだけを使い続けた理由は、次のキューを買うカネが用意できなかったからにきまってんじゃんwww もちろんプレー面で使いやすかった、デザインがシンプルで抵抗がなかったというのも大きいんですが

「曲がりが一切無かった」っていうのが一番大きいです。

(バットの話になりますが)ジョイントも含めて、何年経っても真っ直ぐなんです。

たまにテーブルの上でC.C.C(コロコロチェック)をしても、なんの淀みもなく、するする転がってくれるマイ・イクシードちゃん。

その転がる様を見てその度萌えていたら、気付いたら9年経っていた。そんなかんじの今です。

しかし、遂に、そんな平和な時代にも変化が―

というのも、「セカンドキュー」というものを持とうかな、と考えるようになりまして。

いわゆる二刀流ということになりますが(←多分違う)

メインとなる今のキューケース一式は自宅保管し、気が向いた時にどこへでも撞きに行けるように。

セカンドキューは、よく行くお店に保管し、なにかの隙間時間に撞きたくなった時にプラっと寄れるように。

こうしたほうが、総ビリヤード時間を多く持てるのかなーと思います。今のライフスタイル的に。

ダーツァーみたいに矢をポケットに突っ込んでどこへでも行けたらいいんですけどね。やっぱりキューケース一式は大きいし、重い。かさばる。

「予めの準備」が必要なんですね。ゴルフほどじゃないんでしょうけど。でもビリヤードの良さって「手軽さ」「日常の中にある感」だと、筆者は思っていますから。

「あー球撞きたいけどキューケースがあそこだ。(←自宅だったり玉屋だったり)じゃあまあいいか。。。。外も寒いし

このシチュエーションを少しでも回避できるように。

2本をプレーに使うことで生じる違和感については、メーカーとジョイントとシャフトだけ合わせて購入して、あとはバランスを(重りの増減で)いじれば、結構性能面は合わせられるんじゃなかろうかと楽観視してますが。ハイテクシャフトだし。そもそも筆者キューやタップに鈍感だし(笑)

ほんとに買うかまではわからないけど、とりあえず中古イクシードのウォッチングを開始しようかな。

本当に美味しかったうどん

今日、メイプルハウス駒沢店に行ってきました。

メイプル駒沢に試合以外の平常営業で伺うのは初めてのことでした。

メイプル駒沢の横田英樹さんの作るうどんは、神。」

筆者は、ビリヤードブログ界で最近だけで少なくとも2回以上は、この情報を目の当たりにしていたので

なので、横田さんにダメモトで尋ねてみました。

「あの〜噂に聞く名物のうどんはメニューにあるんですか??」

すると

在庫は日によってあったりなかったりするけど、今日は一人前在庫があるとのことで

「出来上がりまでに25分はかかるけど、いい?」

なんと横田さんがじきじきにこしらえてくれることに。

「釜揚げうどんとざるうどん、どっちがいい?」

「え?え??」

筆者がモジモジ決めかねていると、、、

「じゃあ両方ちょっとずつ食べてみな!!」

やがて釜揚げうどん(温)が出てきて

さらに冷やしざるうどん(冷)が出てきました。


手前が釜揚げうどん(温)、奥が冷やしざるうどん(冷)。釜揚げ食い尽くし済みスマン。。。

釜揚げは柔らかく美味しく、ざるは固麺で噛んだときに広がる風味が絶品でした。つゆもやばいうまかったです。

どちらも街ではそうそうお目にかかれない味でしたよ。

食べている時に、横田さんはうどんのいろんな話をしてくれました。

横田さん自身、うどんがとても好きで、数年前から自分で研究して作るようになったそうです。

地方に行って食べ歩いたり、遠くから材料を集めたり、メイプルでうどんの講習会も開いているそうです。

講習会・・・・・。ちょっと想像できないけど凄いです。横田さんのうどんがガチンコの世界なのはよく伝わってきました。

筆者は軽度の逆流性食道炎なので、胃にやさしいうどん・そばはヘビロテしており、今までいろいろ食べてきたけど

今日はこんな美味しいうどんにありつけて本当にラッキーでした。

今回はそんなラッキー自慢というかご報告というか、そんなかんじです。

横田さんごちそうさまでした♪

「スポーツ」その後

以前書いた記事に「スポーツ」というタイトルがあるのですが

この記事を書いて以後、多くの方から反響・反応を戴きました。

この記事は、筆者が一種の「宣言」のようなものをする内容となっているのですが

あれから1年以上が経過し、今筆者がどのようになっているかを、今一度書きたいと思います。

「全員とスポーツ」

「スポーツだけ」

これは残念ながら、「現実的」じゃない。

それがよく分かりました。

一緒に撞く相手がいつだって「属性:スポーツァー」「ビリヤーダー」「アスリート」とは限らないからです。

(属性っていうのはあくまで言い方の例えですよ。ニュアンスが伝わりやすいと思ったから使ってみただけです)

みんないろんな属性を持っているし、ビリヤードがその人にとってなんなのかも、それぞれ。

ならばこそ、「自分の範囲を自ら不必要に狭めない為に」、、、、、、のっける。時もある。結構ある。

でも、「予め約束しての相撞き」の時は、殆どいつも、なにも話さなくても自然にスポーツでしてますね。

この、「なにも話さなくても自然に」が嬉しいです。

一方、「一人で行ったビリヤード場で即興で相手してもらう」みたいな時には事前に話し合わないといけないです。

その時筆者はだいたいこう言います。

「○○さんは普段どんなかんじでやってます??私はスポーツでもなんでも全然オッケーなのですが〜(以下様々)」

現状こんな感じにおさまっています。

あの宣言以後、筆者は結局スポーツオンリーにはなれませんでした。

初志不貫徹、、、でも「スポーツ」を書いて、それを多くの人に読んでもらえたこと、自分も一回ちゃんと考えたことは大きなプラスだったと思っています。

のっけるのっけないもそうですが、「自分にとって一番のビリヤードのあそびかた」は、意外にまだまだ探していく(崩していく)余地があるなあ〜って、近頃は特にそう思います。

■■■ 関連記事 ■■■
2010年12月03日 『スポーツ』 http://shinjo-live.doorblog.jp/archives/1346624.html

再び生ビールカップ!

先週の土曜日に今年一発目の「生ビールカップ」に行ってきました。

きゃぷてんさんが主宰するこの「生ビールカップ」、ビリヤードブログ界での認知度もウナギ登りな頃かとおもいます(?)ので、今回は筆者からの説明は割愛させて頂きますね(笑)

第6回だそうです。筆者は第5回からの連続参加になりますが、土曜日のJPAと重なり、夜の飲み会からの途中参加となりました。

今回は「目玉」として有田秀彰さんの生ビールカップ電撃参戦ということで大いに、、、本当に大いに沸きました。

また、当ブログを初期からご愛顧くださってるじゃこさんもいらっしゃいました。

今回筆者が心掛けたこと。それはですね

前回初参加して、筆者自身が受けた楽しさを、喜びを、今回新たに参加した方達にも味わってほしい。

綺麗事にも自己満にも見えたりしますが、そんなふうに思っていました。

前回は段取りからタンバリンまで、全部人任せでしたからね。

そうそう!drunkyさんと会えたのもデカいですね、筆者的に。

drunkyさんも、当ブログを支えてくれた、超重要な人物ですので。

でもまだまだ遊び足りない!やはり温泉巡り(←彼のフィールド)でさらなる親睦を図るしかないかな(笑)

そんな、いろんな、未来への期待も詰め込んだ生ビールカップでございました。

ありがとうございました♪

■■■ 関連URL ■■■
球・酒・歌 謳歌七ブ会!! 『生ビールカップ、そして謳歌7ブ会の歴史』 http://billiardouka7bukai.web.fc2.com/history01.html

東日本神奈川テンボールトーナメント2012(2)

あくまで自分の気持ちをメインに、書きたいように書いてしまった前回ですが

実際シングルトーナメントなので、まず自分が勝ち上がらなければ前述の二人とは戦えないし

前述の二人がコケる可能性だって十分にあります。

しかし、筆者は初戦を勝ち上がり、ぢぁいさんとの対戦を確定させることができました。

前回の記事のぢぁいさんとのツーショットは、まさにその待ち時間に、共通の友人である大将に撮ってもらったものです。

初対戦直前になにやっとんじゃって話もありますね。わかります(笑)

別段気負うこともなく、試合直前を過ごしました。

そして試合が始まりました。

岩のようにピクリとも動かず座り

どこまでも響き渡りそうな大声でコールをし

少しでも攻撃の糸口があれば迷わず攻める。判断は、瞬間。

そんなぢぁいさんの威圧を、終始耐え忍びながらの戦いでした。

ポケットとクッションは普通ですが、ボールの転びにクセのある難しいテーブル。

手球が刹那、毎回余計にひと転がりするような、そんな印象。

難しいテーブルコンディションの中、お互い一気には行けない、緊迫した時間が続きました。

4-4、5-5と推移するスコア。試合の途中から始まるタイムルール。

タイムが始まってから、ここまでゆっくり気味に撞いてきた筆者は、あきらかにギアチェンジする必要に迫られました。

ほぼ毎回「30秒!」と警告されることに、動揺しました。

本当は警告じゃなく、通知。解ってはいますが、勝負の一番大事な時に気を削がれたのは事実です。

実際、おいそれとは撞けない、難しい配置でしたから。

ぢぁいさんから受ける圧、ポジションがキマらない焦燥感、不慣れなタイムコール・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

痺れて、壊れて、負けてしまいました。

こういう負けは、久しぶり。くやしい。くやしい。

痺れても、球を入れたかったです。

5−W。2回戦で終了。

まるとはやれませんでした。

もっと強くなりたい。強くなれなければ、彼らとは戦えない。

考えて、実行して、状況を変えたいです。

東日本神奈川テンボールトーナメント2012(1)

昨日は東日本神奈川テンボールトーナメントに行ってきました。

筆者にとっての2012年最初の試合。そして、会場はビッグバンロリエ。

昨年、とても悔しい思いをした「神奈川選手権」以来のロリエ公式戦でした。

仕事の都合もうまくつけられ、また、昨年観戦した「全日本選手権」以降上昇したモチベーション。

今回は、練習不足、無策、気持ちだけ で臨んだ神奈川選手権とは違うぞ。

あんな自分をそのまま本当の自分だと認める訳にはいかんぞ。

そういう気持ちで、久々にちゃんと練習して臨んだ試合でした。

試合の数日前に、KPBA公式ページより、組み合わせが発表されました。

かんたんに目を通しておこうぐらいのつもりで確認すると、筆者は15組。

そこには、とてもかんたんには素通りすることの出来ない、強烈な名前が二つありました。

ひとつはぢぁいさん。そしてもうひとつはまるでした。

ぢぁいさんは(なんの面識もない時から)筆者と会う度に「今度やりましょう。スポーツで勝負しましょう」と誘ってくれました。

自分はバリバリ「一線級」の男なのにね。ほんとは筆者からお願いする立場なのかもしれないのにね。

この誘いが、嬉しくない訳がない。嬉しいに、決まっている。

ぢぁいさんとの初対戦は、待ち望んでいたものでした。

もう一人のまるは、かつて筆者がライバルと公言していた男です。友人でもあります。

この数年間で、本当にまるは(関東アマ界で)強大な存在になりました。

その今のまるとやりたいと。挑戦してみたいと。

いきおい、今回の試合は、この二人との試合を実現させることが至上命題になっていました。(つづく)

ターニングポイント。

年末からここまで、ほとんどキューを握っていません。年始に友人と遊んだだけです。

この3連休中も恐らく撞きませんが、連休明けから、いよいよビリヤードを始動しようとおもっちょります。

今月は、15日の東日本神奈川テンボールトーナメントを皮切りに、ほぼ毎週末にビリヤード系イベント(試合やプライベートマッチ)の予定が入っています。

JPAのリーグもぼちぼちスタートする筈です(新チームについては別の機会にご紹介します)

なので、そのままの流れで、来月の球聖戦まではまめにまめに練習したいものです。

そして、そこまでの戦績如何に依って、年間のテンションが決まるのでしょうな。

つまり、今年一年を占うターニングポイントが、もうすぐそこまで来てるってことかい。

ふーんそうかい!

がんばんべーがんばんべー(笑)

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

さて、2012年の最初のブログ。一丁マジメなことを書こうか?

普段直球ばかりなので、今年ははぐらかそうかとおもいます(笑)

普段はコメント(クルコナイ)を意識しないようにして書いてますが、今回はコメントが来るのを待ち侘びてま〜す(笑)

■■■ 関連記事 ■■■
2010年元旦『あけましておめでとうございます』 http://shinjo-live.doorblog.jp/archives/1093234.html
2009年元旦『撞けましてタマでとう!』 http://shinjo-live.doorblog.jp/archives/653068.html

ネプチューンクリスマスカーニバル2011

参加チームは28チーム。ブロック毎のシングルトーナメントで準決勝進出3チームを選出。敗退チームのみ使用(購入も)できる「復活ビンゴ」で1チームを蘇生。準決勝から再びシングルトーナメントで頂上を目指す過酷な(?)4対4チーム対抗戦。
■■■ 関連記事 ■■■
Mickey&Neptune 『第23回クリスマスカーニバル』 http://ameblo.jp/mikey-neptune/entry-11118107169.html






我が旧平井店チームは初戦『浅香ライジングサン』、2回戦『菊嶋ルパン』、3回戦『今村エイムス』、4回戦『青柳ブラザー』を撃破しての決勝トーナメント進出。

菊嶋ルパン戦は1勝2敗、頼みの綱の鈴木vs菊嶋の大将戦も清司さん劣勢。万事休すと観念した時もあった。

しかしまさかの逆転勝利で2勝2敗。名物「センターショットPK戦」に漕ぎ着け、さらに競り勝ち。

ここがポイントでしたね〜(ニンマリ)

再抽選の末、セミファイナルの相手は・・・・・あの優勝チームとなりました。0-4の全員シャットアウト負け。ここにきてズタボロww

相手チームにはお見事というほかありません。最後に画像で紹介します♪

とまあ、こんなかんじで3位フィニッシュ。閉会の時間まで美味しくビールを頂きました。たのしかったー





終日フル回転でイベントを盛り上げてくれた四條氏。乙です♪











ギャラ抽目玉の一つ「テレビ」を当てた眼差しはなぜか朦朧として……?


ギャラ抽の兄弟折半購入はOKです。反則じゃありませんw


千葉から参戦のビープチーム。ノーチェンジでww


美人店長を囲ってみたw


ベストドレッサー賞最終選考まで進んだSUMIYOSHIスピリット魂チーム


もう一方の最終選考まで進んだ北島一家。決定戦は代表者によるじゃんけんww


勝敗は、この画像からご推察下さいwwww


優勝したルパン錦糸町「ざーす隊」。強かった!おめでとう☆

ネプチューン

昨日は10年ぶりにネプチューンに行ってきました。

名物イベント「クリスマスカーニバル」に出てきました。

筆者が高校を卒業した翌年に入社させてもらったのがネプチューンです。

3年半お世話になったんですが、その間に店舗が増えまして。

一之江店で働いていた筆者は、新規店舗

「ネプチューン平井店」

のオープニングスタッフとして異動することになりました。

平井店のオープニングスタッフは鈴木清司、増渕享士、そして筆者でした。

そしてそのお店に遊びに来るようになったごくフツーな学生さん、それがのちの菊嶋淳史です。

一般客だった彼を、ビリヤード中毒者に染めた構成員の一人、それが筆者なのですw



今回出場することになったきっかけは、清司さんからの電話でした。

「25日空いてる?当時(平井店)のメンバーで出よう」

OKの返事をすると、そのあとメールが来ました。

「チーム名は『旧ネプチューン平井店』に決めたよ」

清司さんのお店「オンリーワン」の前身が平井店ですが

今回のチーム編成は紛れもなく、当時の平井店のスタッフと常連さんで構成されたものです。

次回はトーナメントのことを書きますね(つづく)

めりくり。

今宵はクリスマス・イブですね。

クリスマスに対して良き思い出とか、忘れ去りたい出来事とか、特に今までなんにもない筆者です。

毎年、賑わう街、行き交う人並みに動じることなく、淡々と過ごしてますが、なにか??

―いや、実際には動じている。無言の威圧に押されてるね。

この、普段一匹ぼっち系の筆者でも、師走の寒さが肌身に沁みると、大勢の中に収まっていたいと願ってる自分に気づきます。

にしても、とりとめのない文章だなあ。

当たり前か、特に伝えたい主題がないんだもの。

じゃあたまには、とりとめもなく。

どうやら今まで、筆者はクリスマスにブログを書いていないようだったので、今年は(若干無理して?)書いてみました。

初めてスマートフォンから記事投稿してみます。布団の中でブログが書けるのはいいですね。もう一眠りしようかな。

それではみなさん、メリー・クリスマス。

ナインボールクラシック・レディース&メンズ2011

今日は歯医者で通称「親知らず」を抜いてきました。今さっきの話です。

口の奥に大きな綿を詰められ、それのおかげでヨダレがどんどん製造されています。

しかもそこに患部からの出血が混ざって・・・・・それはまあ素敵なハーモニーを奏でていますw

この鉄分臭さどうにかならないものか。。。。。しかも今晩は飲酒も厳禁とか。。。。。ちっ!クソッ!

そんな状態の筆者ですが、麻酔が効いてるうちに昨日の最後の試合を振り返ってみたいとおもいます。

1回戦が(おそらく)シードだった為、勝ち→負けの3回戦まけでの終了でした。

相手も試合巧者な方でしたが、一進一退のスコア推移でそのままヒルヒル。そんで結局負け。

ショットの調子は自分的には良かったです。ただ、空間把握力というか、テーブルの大きさを、身体が忘れてしまっていた感がありました。

ロング系のセーフティとか、的球をサイドに入れてから手球を回す(でも第一クッションまで距離がある)ようなショットで、「あら?」という違和感が度々あり、それが綻びとなりミスを呼んだりしました。

もう一つ印象的だったのは、ものすごく難しいボールがたくさん回ってきたこと。とにかく考え込むような球がたくさんきました。これは、相手の守備の堅さと回り球の運勢と、どちらも影響してのことだとおもいます。あと自分のポジションミスでの自爆もw

「俺は昨日めちゃめちゃホソかった」とか、そういうことが言いたいんじゃないよ。ただ、ほんとに珍しいくらい、キツい球をいっぱい撞いたなあって。

そんな境遇の中で絶望したり、スカッとしたり、最後まで夢中でやれた試合ではありました。

まあ、勝ち上がりたかったけどね。

この日は男女同時開催ということもあり、渋谷で試合の時にしか会えないいろんな人達に会えて(見れて)よかったです。

何人かの人に「生ビールカップたのしそうだったね」「いやいや生ビール飲もうよ」「ほんとは飲めればイイんでしょ??」と前回の記事のネタでいじってもらえたのも嬉しかったです。

年内は、これからのクリスマス連休にかけて「みんなで盛り上がり系」の大会にちょこちょこ出る予定です。

また年が明けたら、シリアス系の試合に戻ってきたいとおもいます。

ではみなさん、飲み過ぎにはくれぐれも気をつけてくださいね〜


彩さん優勝おめでとう♪♪

生ビールカップ 〜おまけ〜

きゃぷてんさん、べるちゃんから画像を戴けたのでここに大公開します。


まずは試合の模様から。筆者もがんばっています。


メイさんとメイさんの教え子(?)おうじ氏。おしとやかなメイさんが、彼にだけはサディスティックな言葉で責めてました(笑)


生ビールカップ初登場のおーちゃん。この極薄は入ったのかい?


べるちゃんです。なにがあったというのでしょう。筆者は知りません(笑)


おやおやヨッシーさん?フライングはいけませんねえ(笑)


ペアマッチ部門最多勝のこうじ&べるちゃん。光ってますなあ〜


メカニカルブリッジ的9番に対峙するてるくん。6×6チーム戦(2先)のヒルヒルに持ち込む重要な一球。頑張った!!!!!


ここからビール会。きゃぷてんさんとこうじ。


ブラッドさんヨッシーさんキョウさん。キョウさんどうしましたかw


筆者とおうじ。いつかJPAで激突?んなわけない?(笑)


メイさんと筆者。当ブログの「2011年最優秀画像」に認定します(爆)


ここからカラオケ〜筆者&べるちゃん。べるちゃんブログからの特設サイトはみなさん必見!!!
ベルのたまに玉にっき http://ameblo.jp/campanagrossa/
謎の特設サイト http://billiardouka7bukai.web.fc2.com/member.html


キョウさんのいぢ他多数。アナタタチなにを企んでますか??


筆者ひどい顔つきで歌ってますが、まわりの方の笑顔がいいので採用♪


壊れてきてるというかカオスというか・・・・・。キョウさんブラッドさんてるくんのいぢ


ブラッドさんwithタンバリン♪♪(15歳未満の方はマネしないで下さい)


てるくんブラッドさんのいぢ。最終形態一歩手前wwww


見事なV字すなあ。。。。。最終形態、、、ここに極まれりw


閉会式。音楽はいつか鳴り止むのです。。。。。タンバリンも鳴り止むのですw


最後に集合写真。第5回 生ビールカップ。じつは何枚も撮りましたが、みなさんの笑顔が素敵なこの一枚を選びます。筆者体育座りやけど(笑)

お粗末さまでした☆

生ビールカップ 〜閉幕〜

適時が来たので、メイさんにお願いしました。

バンキング取って、、、ブレイク!

いつもは水モノな筆者のブレイクが、この時ばかりはイケてました。

ほぼチャンスを渡さずに2セット取れました。

「ありがとうございましたぁ(ゼーハーゼーハー)」

「回ってきた全部のショット、ミスしちゃいました。バンキングも含めて。今度200先でリベンジさせて下さいね」

メ、メイさん、ゲーム直後だというのに、なんと天使な笑顔か。

間違って「はい。了解です!」と受答えしてしまいました。(もちろん後で撤回しました。200先とか無理でしょーw)

このあとペア戦へと移っていき、筆者のペアは前述ののいぢ。筆者は真心サービスで接したにも拘らず

「新庄さんとペア組むとキンチョーする」

と嫌がられていたのが若干本気でショックでした(笑)

個人戦の無機質な感じとは違って、チーム戦は感情が表に出る(出さざるをえないw)のが、イイですね。

初見のみなさんのキャラクターが垣間見れて、たのしかったです。

そのあと、会場を移してのビール会、カラオケへと、夜は更けていきました。

そして、ちゃんと電車がある時間にお開き。完璧なイベントだとつくづく思いました。

参加されたみなさん、どうもありがとう。

長編となった生ビールカップ編。今回で「とりあえず」おしまい、一旦〆ます。

次回は画像(公開できる範囲内のw)を載せたり、短編を書くかもです。


ベルちゃん、俺のキューケースこんなんなったよ!ありがと〜〜

生ビールカップ 〜おいwwww〜

時刻は正午くらいだったとおもう。

「ではみなさーん!15:00までに、一人でも多くの人と(ナインボール2先を)消化してくださーい。時間が来たら打ち切りまーす」

使用テーブル6台。選手12名。まだ対戦していない、手の空いている人をみつけたらどんどん声を掛けて始めましょうというフォーマット。

初戦の相手はブラッドさん。いきなりの黒星スタート(爆)

「まさかの2先11連勝」密かに目論んでいたわけだが、筆者の淡い夢は、ものの15分で潰えることとなった。。。。。

「気を取り直そう。うん、そうだ。そうしよ」

そこで筆者が選んだ次の相手が「のいぢ」だ。俺はここから立て直しを図ることにしたんだ。


筆者が2戦目の相手に選んだ「のいぢ」

先月のガイル平場、JPA公式と、2度に渡って筆者にやられているのいぢ。十分な苦手意識は植え付けてある筈なのだ。ここは大人しくしていてもらおう。

「おいのいぢ、なんだその男前なキュー出しw」

気がつけば、鮮やかな4-9コンビで葬られている筆者が、そこには居た。

2連敗― てか、未勝利。。。。。

「ぷちん」

この時、なにかが音を立てて崩れていくのを、筆者は確と自覚した―

ざわっ…ざわっ…

心なしか、周囲も筆者の憔悴ぶりに、困惑しているようだ。

「ぉぃ、新庄って、うめーんじゃなかったのか……!!!」

そんな疑問符が芽生えつつも、懸命に見て見ぬフリをしてくれている周囲のみなさん。

この時点で、筆者は「今日の勝ち負け」を、(投げやりとかじゃなく)どうでもいいと思えた。

それでも、まだ一つだけ欲を持っていた。

メイさんとの初対戦は、まともな状態でやりたい

これであった。これしかなかった。

そこで筆者は、ことごとくメイさんの遠くで試合を消化し、声が掛からないように、息を止めてひっそりと生息した―

そうこうしているうちに数十分、景色やテーブルに体が慣れてきたのか、プレーが良くなってきた。行けるか。(つづく)

生ビールカップ 〜ひしひし〜

いやーおもしろいね。

なにがって。

先日の生ビールカップには、まだ紹介していないベルちゃんblogを含めると、じつに4名のブロガーが参加していたわけです。

ということは、4名がそれぞれ好きなタイミングで(生ビールカップの記事を)面白可笑しく書いていても、なんら不思議はないわけで。むしろそれが自然な姿なわけで。

しかし、現時点までの他の3名のブロガーたちの静観ぶりときたら。

あきらかに当ブログにネタの主導権を委任してくれている的な無言の気遣いを感じるんですがw

コレ気のせいかな?(笑)気にせず好きに書いていいんだからね。

では、、、、続けます。

「新庄さん、こちら目を通しておいてください」

おもむろにきゃぷてんさんに手渡された紙。

なんと当日のリーグ表と特別ルールが記載された大会要綱でした。(あ、当日の参加は12名でした)



そして、今日一日のタイムスケジュールが、既に細かく練られているという事実をここで知りました。(以下当日の流れ)

2先総当り個人戦(時間制限あり最大11試合)
マスワリ禁止1先ペアマッチ総当り(全5試合)
6×6のチーム戦(2先一本勝負)
ビール会
カラオケ

「大人になったら男は段取りが総て」

筆者の上司が言った言葉ではありますが、それをひしひしと感じた瞬間でした。

この一日は、終始、きゃぷてんさんが計画してくれた段取りの下、スムーズに進んでいきました。

筆者は凄く「ゲストとしてもてなしてもらっている感」を感じまして。

今までこういう経験がなかったので、戸惑いもしてしまいましたが、本当に感謝しています。

ここはちゃんと書いておきたかったのです。

次回はビリヤードのこと書きます!(つづく)

生ビールカップ 〜かねてより〜

先月、初めて茅ヶ崎ガイルに行った時に、かねてよりブログ上で仲良くさせていただいていた「ブラッドさん」とリアル対面を果たした筆者なのですが、そのブラッドさんに―

「来月の生ビールカップにも来て下さい」

「うお!なんですかその美味しそうな大会は」

「手っ取り早く言いますと球を撞いて、ビールを飲み、カラオケで騒ぐイベントです」

「……!!!」

このような経緯から、筆者のちっこい脳味噌に

『生ビールカップ』

の文字がインプットされたのです。

何日か経って、ブラッドさんからメールが届きました。

「12月4日AM11:30に池袋ロサに来て下さい。今回は総勢14名です

「……!!!」

「14名」というアナウンスに、筆者は仰天しました。

まぢか!殆どが初見の人達だぞ。一体どんな会になるのだ。。。いや、落ち着け。なに弱腰になってんだ。球とビールとカラオケだぞ?全部俺のフィールドじゃないか。絶対これは楽しくなるだろ。落ち着け落ち着け………。

あれこれ想像に胸を膨らませての、当日。

20111204_112301_841

ロサ会館に着くと、これまたかねてよりブログ上で仲良くさせていただいていた「きゃぷてんさん」と対面を果たすことができました。

そこでがっちりと握手をしました(結果的にこの日、きゃぷてんさんとはコトある毎に20回ぐらい握手をするのですがw)

そして、、、かねてよりブログを読ませてもらっていた

安部五月さんとお会いできました。(以下メイさん)

おしゃべりするのは初めてだったのですが

「尼崎のコンビニでばったりお会いした時に、挨拶したつもりなんですよ、私」

「……!!!」

尼崎で筆者、「それとは知らずメイさんをガン無視する」という跳んだミステイクをやらかしていたことが発覚。

それ聞いて、一気に自分がいろいろ不安になってきたわw大丈夫か。俺。。。。。(つづく)

■■■ 関連記事 ■■■
ブラッドさんblog 『ビリヤードと日々の日記』 http://yaplog.jp/bludworth/
きゃぷてんさんblog 『ビリヤード人生、楽しんでなんぼ日記』 http://blog.livedoor.jp/skim9/
メイさんblog 『まいにちビリヤード』 http://ilovepool.exblog.jp/

JPAフェスティバル2011

先週の日曜日は試合に行ってきました。

JPA FESTIVALは年イチ開催の階級別開催のJPA個人戦です。

筆者はSL9only戦に出ました。31名、65点先取のシングルトーナメント。

ようやく念願のJPA風林会館デビュー。SL6-8戦と同時開催ということで場内はヒジョーに活気づいてました。

2回戦で敗れてしまいましたが、この日の2試合はまさに、、、戦前予想だにしない熱闘となりました。

初戦の相手はJPAの先駆者的存在の優勝候補でしたが、頑張って、耐えて、終盤運勢も味方につけての勝利。

次の試合は相手ワンモア(64点)からのゲームボールミスで回ってきたラストチャンス。53点から61点まで詰めたけど、最後全身全霊超ロング土手センターショット的1番入れられずの、、、、、撃沈。

マジ燃え尽きました。

でも、「やっぱり試合はいいな」と思えたいい一日でした。65点という距離感も程良かったと思います。

いつもなら寂しい帰り道。チームメイトのえのさんとたなかさんと食事をして。各々の球の話をいつまでも、際限無く、して(笑)

えのさんも今回残念だったけど、ディフェンディングチャンピオンとして臨んだ今大会だったから、思い入れは強かったようです。

また、こんなふうにみんなで試合に行きたいです。

頑張り続けてればチャンスは来ると思えました。でも、頑張り続けることが一番難しいことだと、近頃は強く感じています。

11FES6-9_23101

戻っています。

5日間の兵庫での生活を終え、自分の街に戻ってきています。

全日本選手権の余韻を噛み締めながら、またいつもの日常が始まりました。

期間中も終わってからも、全然ブログ更新しなくてすみませんでした。

完全にうそつきでしたね。許してっっっ!

今回の選手権の、数々の素敵なシーンに立ち会えたことに喜びを感じています。

しかし情けないことに、なんとなく頭がまだ整理できていなくて、うまく記事をかける気がしていません。

う〜〜〜ん、どう書けばいいだろうか。。。そんなかんじ。

とりあえず生存報告のみ。ほんつぉぉぉにありがとうございました。

出発進行

たったいま身支度を整えました。

2時間後には(ちゃんと停車場に辿り着ければ)夜行バスの中です。

今回、おやつも、買いました。

300えん、以内。

バナナは、おやつに含まれない。

水筒の中身に牛乳は、不可。

上記ルールを守っています。

シャワーを浴びて、コロンも叩きました。

普段は―

『泣き顔でスマイル擦り切れて社員』な筆者ですが

ちょっと気分が高揚してるかもしれません。

では、いってきます。

15の夜

盗んだバイクで走りだしちゃあいけませんなあ。

もういい大人ですから〜

15の夜は夜行バスに限ります♪

え?

タイトルといい冒頭といい、まるで意味がわからないって??

そうですか。それでは説明しましょう。

「筆者は15日の夜に夜行バスで尼崎に逝きます」

言わせんなァァ!

恥ずかしい。。。

…と意味不明なモードはおしまいにして通常の語り口に戻りますね。

今年、人生初の全日本選手権に行ってきます。

もちろん選手としてではなく。オンザヒル支援で、16日から最終日まで行ってきます。

とにかく筆者、旅行というものを知りません。このブログでも遠征なんて一度も書いてないんじゃないかと思います。

いきおい、この5日間は、のちの筆者の中に強烈に残る5日間になるでしょうなあ。。

出不精な筆者に「来てみませんか」と誘ってくれたマチルダ氏と

タイムリーに連休を許してくれた職場のメンバーには本当に感謝します。

ちゃんとお土産買って帰らないとね。

どんな光景が見れるのか。どんな人と会えるのか?

想像もつかないけど、とにかく今は体調を整えてスタンバるしかないやね!

期間中は感じたことや撮った写真など、まめにブログ更新したいと思ってます。

西日本の方々、宜しくお願いします。

東日本の方々、決勝日に会いましょう。

ガイルにて

今日は既報のとおり茅ヶ崎ガイルに行ってきました。

17時に到着してペアマッチ3回転、JPAハンデでのシングルトーナメント、変則ペアマッチジャパンナインと立て続けに遊んで23時。この記事を帰りの電車の中で書いてます。

いやー、マイタウンから茅ヶ崎まで長旅になると思ったからノートPC背負ってきたんです。

ペアマッチ部門は坊屋さんがMVPを獲得。シングル戦はブラッドさんが優勝しました。

ここまで筆者は苦戦が続いていましたが、最後のペアマッチ(正確には2人vs3人)サンゴーナナキュー20マスで大爆発。

チームメイトのますみさんの正確なハードショットに幾度となく助けられ、最終的に「金銀財宝ザックザク状態」で終了となりましたw

今日はほんとに笑わせてもらいました。ありがとうみんなー

■■■ 関連記事 ■■■
ビリヤードと日々の日記 「茅ヶ崎gail」 http://yaplog.jp/bludworth/archive/909

b2367dac
勝負のあとの、「1点いくら」を決める重要なボールガラガラ。のいぢ氏落胆の図。

10

月末のビリァード

久々の更新となりますがご無沙汰でございます。

来週末は筆者的ビリヤードイベントが2本立てということで、セン立ってブログに書いておきたく。

まず、29(土)はあの夫婦が居る茅ヶ崎ガイルに行ってガイりやす。

まだオープンして間もない筈ですが、すでに「ビリヤードついったらーの聖地」と化してるとか、化してないとか。

裸一貫単身で乗り込みますんで、みなさんかまってください!放置禁止っ!どうぞ馴れ合いましょう〜

夕方から終電間際まで居る予定ですのでよろしくおねがいします。

そして翌日30(日)はグランプリ最終戦!六本木バグースにオンザヒル支援で伺います。

当日マチルダ氏不在ということで、今回もユーストリーム配信&速報ツイートを代わりにやらせて戴きます。

プロの試合、しかも最終大一番の速報ということで緊張していますが、なにかあったらあの「なおるだ氏」に指示を仰いで乗り切るスンポーでいこうと思ってます。なおるだ氏どうぞよろしくおねがいします♪

この月末、馴れ合いたのしめるといいなあ!

そんな感じー。あぃあぃ。

■■■ 関連記事 ■■■
茅ヶ崎にビリヤード『gail』OPEN http://shinjo-live.doorblog.jp/archives/1579381.html
GP「グランプリイースト」 公式ブログ  「GP-8」 試合要項 http://gpe.blog52.fc2.com/blog-entry-228.html
アシスタント http://shinjo-live.doorblog.jp/archives/1544518.html

茅ヶ崎にビリヤード『gail』OPEN

去る9月17日(土)に、神奈川県茅ヶ崎市に新しいビリヤードスポット『ガイル』がオープンしました。

gail_logo

おめでとうございます!

『ガイル』は、筆者推薦ガチンコ女子ビリヤードブログ『えすえすにっき。』のメイン著者である『0号さん』が旦那様と立ち上げたお店です。

0号さんとお会いしたことは3年ほど前に一度しかありませんが(しかも会話などはしてませんが)、その後なんらかのきっかけから当ブログにコメントを頂いたり、ツイッターでからんだりして頂くようになりました。

筆者も『えすえすにっき。』から0号さんの人となりを勝手にイメージしながらたのしく読んできており、そんなビリヤード大好きな0号さんの展開するお店がどんなかんじになっていくのかたのしみです。

茅ヶ崎には、実は筆者は未だ降り立ったことがないのですが、『ちがさき』の響きだけで全盛期のサザンの名曲の数々が脳内で再生されます♪ええね♪

妄想の話は手短かに切り上げてお店のインフォメーション ↓

22

住所:神奈川県茅ヶ崎市新栄町7−5エメラルドプラザ4階
電話:0467584888
営業時間:16時−26時(月−木) 16時−29時(金・土・祭前日)

料金:
【ビリヤード】
1時間600円
2時間パック1000円
3時間パック1300円(月−木限定)
【ダーツ】
オールタイムハッピーアワー(ワンドリンク制)

54

そうそう!忘れてはいけない!

旦那様である磯貝氏の『スーパーシューティングポテンシャル』についても、ここに明記しておきます(笑)

最後に観たのが数年前なので、今はもっと強烈なのかも(汗)

ええ〜と、、まだ書きたいことあるんですが、とめどない文章になってしまいそうなので、撤収することにします♪

■■■ 関連記事 ■■■
筆者のブックマーク(2009年09月22日)
http://shinjo-live.doorblog.jp/archives/1000243.html
『ビリヤード & ダーツ ロッシ』がOPEN(2009年08月23日)
http://shinjo-live.doorblog.jp/archives/956402.html

神奈川選手権

筆者にとって唯一となった『毎年必ず出てる試合』である神奈川選手権に、今年も出掛けてきました。

会場はお馴染みのロリエ。参加人数約70名。

例年どおりの規模感。例年どおりのメンバー。

参加した皆が望んでいた通りのものになってたんじゃないでしょうか。

相変わらず、いろんな意味で良い大会だったとおもいます。

しかし筆者は一回戦で早々に負けてしまいましたよ。。

『早々に』と言っても、9先なので、そこ(負け)までにはそれなりのミスをしてしまってはいるんですが。

立ち上がり、ほんとにまともに撞けなくて、なおかつ相手の好プレーに押される形で3-6に。

そこから―。粘って繋いでヒーハー吐息で汁も出て、6-6に並んだまでは良かった。。

むしろ「俺の流れじゃね?」とさえ思えた―

しかし次のセット、勝負のΕ丱鵐ミスから一気に勝負を持って行かれてしまいました。

むぅーー。。

思えば相手の良さばかりが目につく試合でした。

技術もさることながら、半端じゃない闘志を感じました。ここまでビリビリ感じたのは久しぶりです。

サラ(新ラシャ)なコンディションでしたが、そこはテクニックでばっちり合わせてましたしね。

また神奈川の広大さを思い知ることとなりました。

でも、もう少し長くプレーしていたかったなあ。

残念です(涙)

■■■ 関連記事 ■■■
(2008) 今週末は神奈川選手権! http://shinjo-live.doorblog.jp/archives/272410.html
(2008) 神奈川選手権結果報告 http://shinjo-live.doorblog.jp/archives/314159.html
(2009) いってきまーす(*^-^) http://shinjo-live.doorblog.jp/archives/998869.html
(2009) 沼 〜チーン〜 http://shinjo-live.doorblog.jp/archives/999307.html
(2010) うれしい球 http://shinjo-live.doorblog.jp/archives/1301789.html

新チーム決定!

来季JPAに向けたアンジュ3チームが決定しました。

チーム名はブラックエンジェルズ。ホッピーエンジェルス。ロートルエンジェルス。

筆者がどのチームに配属されたかは・・・・・勘のいい方なら判るかと思います(笑)

今回のチームは前身であるMAYAKASHI ANGELSを発展的に継承したかんじです。

看板プレイヤーの残念な離脱もありましたが、ともあれ今回は8名が揃っているところに期待が持てます。
(MAYAKASHI ANGELSは開幕から1名欠員の7名チームでした)

そしてSL9が2名・・・・・。筆者ともう一人はあの“えのさん”です。

『2010年度JPAスキルレベル9オンリー選手権』(←正式名称知らないので勝手に命名)優勝者の“えのさん”の加入です。

こりゃあ筆者、来季は登板数減るな〜(笑)

さてさて、こちらもたのしんでいきたいとおもいます。

IMG_0364-1

ロートル

こんな真夜中ですがノリと勢いで執筆しております。

珍しくアルコール入ってます(笑)

今日は大将に突然に誘われ、「神奈川エリアの屈強なビリァーダー達が集う夜」ナインエイトのマンスリーに連れていってもらいました。

ナインエイトといえば、藤沢にそびえ立つ、あの『戦慄のマグマ』こと早川氏のお店です。

実は先月もサチに連れていってもらいまして、ろくすっぽ勝てませんでした。というわけで、くじけずの再チャレンジとなります。

そんで、待ち合わせ場所に行ったら、なんでかヒロシ君もいまして。ノリで3人で乗り込むことに。

結局今回も早々に玉砕し、缶ビール片手に浮遊してました。

今月9/18(日)は久々の公式戦「神奈川選手権」にエントリーしており、今週から試合に向けた練習を開始したところだったので、正直今日の内容にはがっくりきております。

俺ごとき、どこぞのロートル。

今まさに自分に対して、そんな気分。

神奈川選手権も同じ気持ちで臨むことになると思います。

あと一週間、自分なりのマジメな調整をして、神奈川の屈強なビリァーダー達に挑戦します。

おいらロートル。

なんだかんだちょっとこのフレーズが気にいっているかも♪

ほろ酔い失礼しました。おやすみなさい。

■■■ 関連ブログ ■■■
大将の超・独り言〜まだまだ続く戯言集 http://blog.livedoor.jp/seahorse7330/
早川プロの生態 http://hidefusa.blog119.fc2.com/
川本 比呂志ブログ http://ameblo.jp/hiro3579/

グループリーグ敗退

筆者にとってのJPA初シーズンとなる2011サマーセッションが終了しました。

JPA_2011SS_result


東急ディビジョン6チームの中、上位2チームがプレーオフ(ディビジョン代表決定戦)に進めますが、我がMAYAKASHI ANGELSは4位でフィニッシュ。グループリーグ敗退が確定しました(涙)

(え〜、、本日も筆者のJPA認識の範囲内で書いてます↑ 少し事実と違う可能性があります 汗)

リーグ中盤から諸々の事情でなかなか5人集まれなくなり、4人で戦うことが多くなりました。1人分は不戦敗とカウントされる不利が続く中、最終戦を前に3位につける奮闘ぶり。最終戦の結果如何では2位に滑り込み、プレーオフ進出の希望もあった訳ですが・・・最終戦も4人で臨む羽目になり、しかも1勝3敗のボロ負けを喫して・・・まさかの4位転落で終了。

見事なまでの撃沈でした(爆)

アンジュのチーム編成は複数となる関係上、スタッフの“えのさん”が割り振りを担当します。次期のチームは勝手には組めません。すなわち、我がMAYAKASHI ANGELSは最後のお疲れ打ち上げ会をもって解散となります。

率直な感想としては、若く・明るく・そしてそこそこ強いチームでした。チーム戦ならではの不遇が重なり、戦いの渦に巻き込まれて逝きましたが(笑)

以上結果報告です。打ち上げでいい写真が撮れたら、また更新するかもしれません。

ではでは♪

三周年

さて!今日で当ブログは3周年を迎えることとなりました〜

祝3周年・・・そして4年目に突入!

うーん、これは長いのか短いのか??

このブログは筆者にとって、3年前どころか、ずっと前から当たり前のようにあるものにも感じるし

「うわ〜初投稿が2008年じゃん!ずいぶん時間が経ったもんだ(汗)」みたいにも感じます。

自分の誕生日に記事を書くのはヘンにためらってしまいますが、ブログの誕生日となるとそんな躊躇はゼロですね。

ここまで続いたことが嬉しいです。どうもありがとうございます。

これからも基本的には変わらず、ビリヤードのことを書いていきます。

どうぞよろしくおねがいします。

関連記事 ↓

ハイブリッドアルファを入手(第1話) http://shinjo-live.doorblog.jp/archives/128858.html

一周年 http://shinjo-live.doorblog.jp/archives/979705.html

二周年! http://shinjo-live.doorblog.jp/archives/1294186.html

試合で不調時の対応

日々、様々な経路から当ブログにアクセス頂いており、大変に感謝しております。

ブログ管理者は、どのような経路でアクセスされたのかをアクセス解析画面から(ある程度ですが)知ることができます。

以下の画像は、とある日の検索キーワードの結果です ↓

kensaku_keyword

一部を除いては全てモザイクを施してありますが、そうです。

『ビリヤード 試合で不調時の対応』

このキーワードがとても印象的だったので、今回はこれをテーマに書いてみます。

まず、試合で不調といっても様々な要因がありえます。緊張からくる体調不良だったり、シチュエーションがもたらす状態(フォーム・ストローク・狙い)の異変だったり。

ビリヤードの試合で来るプレッシャーというものは、他の日常で代替して味わえるものではありません。

それくらい日常からはかけ離れた状態にさらされており、慣れの耐性がないうちは、ずいぶんな圧を感じることと思います。

ですが、なにもそれがキケンだとか不健康だとか言いたいわけじゃありません。むしろビリヤードの醍醐味と言える領域に両足をつっ込んだ状態だと思います。

そっからどこまで戦えるのか。どんどん経験してシビレて、、そして自分に打ち克ってほしいと思います。

試合で自分の状態が良くない時 ―はっきりいってそれは「窮地」に変わりないのですが

大事なポイントは二点あると筆者は考えています。

ひとつは「気だけは確かで居ること」

狙ったところに球がいかない、体が毎回泳いでしまう、外的要因からの混乱。

どんなことが起きようとも、気持ちだけは確かでいよう。落ち着けなくとも、せめて考えるモードでいよう。という意味です。

これが守れる限り、最後の一瞬まで全力で戦うことが可能となります。

そしてそれは、僅かな逆転のチャンスを生む要因にもなる筈です。

もう一点は「変えていくこと&絶対に変えないことを決める」です。

自分の状態を快方に向かわせる為に、策を打つ必要があるし、窮地に陥れば無意識に打開策を練るとおもいます。

その時に、むやみやたらではいけません。「自分の中にある作戦」を存分に実行に移してほしいのです。

普段練習している時の「ベースとなる自分」を崩し過ぎてはいけません。

例えば顔の位置を高くしてみるとか、キューの握り方を変えてみるとか、ストロークのリズムを変えてみるとか

普段から「そこを崩したら自分はどうなるのか」を探りながら練習する必要があります。

もっと言えば、そういう取り組みこそが「練習」です。

そして試合中は、「絶対に崩さずに守る部分」と「変化をつけることで好転を期待する部分」をちゃんと意識して戦います。

これを守れる限り、どんなに無様な日であったとしても経験値を得ることができます。「自分の中にある作戦」に磨きをかけていければいいと思います。

久々に語ってしまいましたが、もちろん筆者なりの見解です。よろしくおねがいします。

JPA初シーズン終盤。

情報が曖昧だったり、断片的だったり、終いには誤ってたりするかもですが、もう今回は気にせずどんどん書いていこうとおもいます。

6月から始めたJPAですが、すでに6〜7週が経っており、セクション的にも終盤に差し掛かっています。

筆者は1回欠場しましたが、その他は出ており、だいたいオーダーにも組み込まれています。

勝ったり負けたりの中で、自分なりにJPAの土俵をたのしんでいます。

JPAは本来8人チーム(の筈)ですが、筆者のチームは最初から7人しかいません。

そして・・・・・。

その中で、なんと筆者が「チーム最年長者」なのです。

34歳― 。年齢を考えたら当たり前の事なのかもしれないけど

13歳から球屋に徘徊し、「全員が年上」の状態からビリヤードの世界に入った筆者にとって

この事実は、結構なインパクトを与えています(笑)

最年長ですが、入門者でもありますので、当然キャプテンではありません。

キャプテンは筆者と同い年の「マリアの介」がやってくれています。

他の5人は、もう本当に若者。女子が2名に男子が3名。学生多数。全員25歳未満。国籍もバラエティに富んでます。

チーム業なので、もちろん問題も抱えてたり、改善したい部分もあるにはありますが

まあとりあえずいいんじゃないの?

って筆者は楽観的です。

それよりもスコアリングとか、勝敗のポイント配分、リーグ形式云々、、、

JPAの肝となる部分を殆ど理解していないので、まだまだ筆者は勉強が必要です。

そんで、将来はキャプテンやるかなあ。

うん。やるかもしれないですよ。

ビリヤード凄く真剣で、且つ、おもいっきりビギナークラスの方

一緒に戦いますか?

なんて(笑)

とりあえずそんなかんじです。

また報告します!

渋谷と志木で(4)

今回でこの長編も完結です。最後は画像で締めたいとおもいます。この2日間、本当にありがとうございました。



喜島陣営!みんなお疲れ〜!来年も集まろう!



最終ゲームはゲキ飛ばしまくり!喜島のエンジンにガソリンを注ぎ続けた隠れ功労者?また飲みましょう!



初日は応援の力で逆転!最終日は相手にも惜しみない拍手!筆者の心に大きく残った千葉軍団。



喜島〜〜〜!防衛おめでとう♪♪

渋谷と志木で(3)

それにしてもほんとにドラマチックな試合でした。

初日の東西対決にて。

小原選手は

酒井賢一【1】 3-6 【2】小原嘉丈

の状況で、一度はゲームボールまで撞いてるんですからね。

ここから酒井さんは4連取で2勝2敗のイーブンに並び、さらに最終戦で6連取のスコリーまで形勢を逆転したわけです。

この光景は筆者自身の中でもゾッとする体験となりました。

東西対決の速報ログ→ http://twilog.org/rackbyrack/date-110723/asc

最終日の決定戦。

そうですね、筆者の感想としては、酒井さんの状態が悪過ぎました。

酒井さんがフルパワーを出し切って倒せるかどうか。それぐらい強大な相手が喜島球聖です。

原因は外からではわからなかったけど、酒井さんは昨日と比べてショットの精度が落ちてました。

でも!!

0-4、後がなくなってから、ようやく彼本来のプレーが炸裂!

うれしかったなあ。あの状態のまま負けてほしくなかったから。

そして初勝利を挙げました。昨日のあの神がかり的な追い上げがまた再現するんじゃないかともおもいました。

でも!!でも!!

次のゲーム、その酒井さんをさらに上回るプレーで喜島が勝利!!

喜島は、一番強い酒井さんのさらに上をいったわけです。筆者はモーレツにカンドーしました。

みなさんはどんなふうに観てましたか??

球聖位決定戦の速報ログ→ http://twilog.org/rackbyrack/date-110724/asc

渋谷と志木で(2)

今回のアシスタント業務は、大きくわけて二つ。

ユーストリーム(動画配信)の正常性の監視と、らっくばいらっくからの速報ツイートでした。

ユーストリーム用の機材は全てマチルダ氏が準備したものです。モニターはアンドロイド系スマートフォン。

マチルダ氏:「新庄さん、時々原因不明に動画が止まることがあります。もしそうなった時には***をしてから***をしてみて。それでもダメなら***で、そんで・・・・・」

そんな「非常時の対応」の説明を受けて戦慄しておりました。

だって、もし配信が止まったりした日にゃ、狂気に満ちた非難の窓口を一手に引き受ける羽目になるのが容易に想像できていたから。(頼みのマチルダ氏はセッティングだけしたら同日開催のGP会場に移動して不在だしw)

なので、2日間通して長時間の停止が起きなくて本当に良かったです。

速報ツイートについては。

今回自分のノートPCでやりました。先月ヤフオクで安値で落札し、プチ改造(Wimax内蔵オン+SSD換装)したノートです。

スペック自体は低く、なおかつとても発熱すると悪評高いモデルのパソコンなので、この長丁場を乗り切れるのか心配していました。

こちらについても様々な心配は杞憂に終わりました。本体は爆熱になってましたがw

2日間通して、とても試合の見やすい席を用意して頂いて感謝しています。

筆者にとっては久々のツイッターでしたが、なるべくおもしろくツイートできるよう、なおかつどちらかに(応援が)偏ったツイートにならないように心掛けました。

実は最近、ユーチューブで昔のボクシング動画ばかり漁って観てまして。

辰吉丈'一郎の世界タイトル戦とかを中心に観まくって、興奮して夜寝れなくなるパターンばかりで・・・(笑)

だから、少しだけボクシングっぽく実況した部分もあります。まずかったかな??

でも、試合内容自体がドラマチックさに満ちてたので、実況していてたのしかったです。

渋谷と志木で

とても記憶に残る2日間を過ごすことができました。みなさんありがとうございました。

最初に関連記事のリンクだけ貼って、感想をどんどん書いていこうとおもいます。

Onthehill ! より→ 第20期球聖位戦挑戦者は酒井賢一!

Onthehill ! より→ 喜島安広、球聖防衛!

7月15日過去ログ→ アシスタント

あまりに唐突なんですがね。

筆者は13歳のときに千葉県の稲毛というところでビリヤード始めたんですよ。

そんで、19歳で東京の名門「ネプチューン」に就職したんですが、それまでの間、、いやいやそれから最終的に完全に千葉を離れる27歳までの間、千葉でビリヤードをしてました。

今回球聖位挑戦者となった酒井さんは千葉県の習志野市・・・いうならば筆者の隣町で撞いてた方で、実はずいぶん古くから知っています。

とはいっても仲間だったとかではないです。1998年ぐらい、筆者なんと21歳。一番「鍛えていた時期」のライバル的な存在でした。

彼や、彼ら習志野の強豪一派を「絶対に負けが許されない相手」ぐらいの位置づけでライバル視していました。

あの時は全員がライバルでしたけど(笑)ギラギラし過ぎてたかなw

それからずいぶん時が経って、その時のメンバーとこうして再会して。

ひとり勝手に、いろんな気持ちがフラッシュバックしてたわけです。

ああ、みんな変わらずがんばっているんだなあ。と感銘を受けました。

ん〜〜〜〜〜。いやー、ほんとに。

おっと、まだ球聖戦の話にも到達していないや。

とゆうことで、今回の2日間は10話構成でお送りします(笑)

さすがに冗談ですが。でわまた。


最後の打ち上げで、懐かしの千葉のメンバーとおしゃべりできて至福でした

カーリープロ

先日、赤狩山幸男さんがビリヤード世界チャンピオンになりましたね。

世界選手権優勝の報を聞いた筆者は、まずとてもびっくりしたのちに、ジワジワと嬉しさがこみ上げてきました。

赤狩山さんは今までずっと西日本にいた方ですので、筆者はほとんどプレイを見たこともないし、どんな雰囲気の方なのかもわからないです。

ただ、赤狩山さんのブログとツイートは追っていたので、文字ベースの印象なら十分にあります。

今回は、筆者が一番印象に残っている赤狩山さんのブログを紹介したいとおもいます。

ビリヤードプロプレイヤー赤狩山幸男!ほとんどカーリーです。↓

姉と釣りとロッキーと…… http://yukioakagariyama.com/?p=47

あえて感想はここに書きませんが、ひとこと言うなら最高の記事でしょう(笑)

カーリープロ世界選手権優勝おめでとうございます♪♪

アシスタント

ご無沙汰しておりやす。

過去の記事でもふれていますが、かねてから筆者がたのしみにしている大一番、『球聖位決定戦2days』が目前に迫っております。

関連記事:Onthehill !より→ 来週末は第20期球聖位戦!

来週末の7/23(土)、7/24(日)で、日本男子アマチュア界の最高タイトルが決定します。

現在球聖位を保持しているのは、当ブログの黄金時代(2009〜2010)を飾ってくれた一人でもある“きじさん”です。

筆者は、彼がタイトルを獲得する過程をリアルタイムで見てきた一人です。(いや肉眼とかじゃなく。お互いのブログ上で (笑))

2010年04月07日過去ログ→ 頑張れ

来る7/23(土)に、今年度球聖A級戦の東西優勝者がたたかい、勝者が7/24(日)に球聖きじさんに挑みます。

前々から観戦に行くことは決めていた筆者ですが、今回はとある人物からの依頼を受け、アシスタントとしてこのイベントに関わることになりました。

その、とある人物とは・・・・・

ビリヤードウェブコンテンツ界の牽引者、“mathilda@オンザヒル・氏”です。

肩書きとか勝手気ままに造ってますが、ちょっと後が怖いです(笑)

実はmathilda氏のアシスタントをするのは今回が二度目で、初の機会は昨年のジャパンオープンでした。

2010年03月23日過去ログ→ JO決勝日。

この時はケータイを片手に、特設サイトへのスコア速報入力をしたんですが、今回も基本的には一緒です。

今回はUSTREAM配信とTwitterでの速報支援をします。

会場に来れないみんなが、この球聖位決定戦を快適に、たのしく視聴できるよう最大の努力をします。

だから、みんなでこの大一番に“かかわろう”!

筆者も、感情的にはならぬよに、、マジ紳士的に、、いきやす♪

というかまあ、筆者としてもこの夏初のおでかけになりそうなので、日常から離れて、いろんな景色を見て、刺激を受けたいです。

最後に書いておきたいことが。。

ほんとにたまたまなんですが、7/24(日)は、筆者にしては珍し過ぎるくらい、お誘いが重なっておりました。

恒例の海水浴に呼んでくれていた某氏、JPAペア戦にコンビ結成のオファーをくれた某氏、今回は御免なさい。今回はこちらを優先しますが、また必ず誘ってください!!

ふ〜〜〜。ぷっはは〜〜〜。

いや〜、ようやくこの記事を書けた。。素直にほっとしているのである。

筆者(というか当ブログ)にとってゆかりのある人物が多数絡んでいるので、どのように書いていいものか、実はずいぶん悩んで書いたのが今作なのである。

ご褒美に拍手ちょうだい♪♪→

球聖戦A級戦

今日は― (と言っても日付が変わったので昨日になりますが)

関東の球聖&女流球聖のA級戦を観に行ってきました。

19:00ぐらいに会場入りしましたが、男子はベスト8、女子はベスト4が進行していました。

男子はヤギを、女子はサチとアヤパンを応援していましたが、筆者が会場に着いた時には、もうヤギしか残っていない状況でした(涙)

そんな流れから、全力でヤギを応援していたわけですが、ベスト8で新潟の有坂選手を一蹴してのベスト4入り。のりを君との対戦となりました。

今回の本命と言っても差し支えないポテンシャルののりを君。はたまた球聖位返り咲きを狙うヤギ。

『事実上のファイナル』と言っていいカードだと筆者は思い、一人コーフンしとりました。

フタを開けてみると、ヤギの独壇場。まさかのシャットアウト勝ちとなりました。

のりを君はオープンな球、一回しか回ってこないで負けちゃいました。

青柳高士すげかったし、格好良かった。シュートもポジションも、完全にアマの領域を逸脱してました。

このシチュエーションで、そのパフォーマンス出すか!!

場内からはため息が漏れまくりでした。

ファイナルの相手は、ベスト4で鳴海君との千葉対決を制した酒井(弟)となりました。

経験値十分の二人なので、ファイナルは歯切れの良い好ゲームになるだろうなあと思ってました。

実際その通りの試合となり、7-4で酒井選手が優勝しました。

このヤギでも優勝できないのか〜!!厳しいたたかいだなあ。。

が、今日の筆者の率直な感想です。

女子は、ヨネちゃんが優勝しました。

ヨネちゃんは一昨年(女流第一回)の関東代表の筈ですから、一年越しの再チャレンジ権を獲得した格好ですね。

優勝したお二人にはおめでとうと言いたいです。

観ていて二人とも、かなり苦しい局面がありました。

酒井選手は、ベスト8で追い縋る落合さんとの死闘をモノにしての勝ち上がり。ヨネちゃんもベスト4で本命格の直子さん相手に、5-1の優勢から6-6に並ばれながらの薄氷の勝利。

正直、一時はブッ壊れていたとおもいます。

それでも持ち直して、決勝では二人とも会心のビリヤードをしてました。お見事でした!

男子の球聖位決定戦(7/24)は観に行こうと考えてます。

キジさんの初防衛なるのか?いよいよたのしみです。

JPA参加

みなさんご無沙汰しとります。

今回は、久々にビリヤード人としてのブログを書けそうなので、書きます。

筆者、6月からのJPA(サマーセッション??)に参加する意向でいます。

まだほとんど仕組みを理解していない状態なのですが、平日(?)のチームに入れるように希望しています。

今までは公言してこなかったんですが、現在の筆者は、職場や活動拠点の都合から、「自由が丘アンジュ」をホームグラウンドにしています。

アンジュはとてもJPAの盛んなエリアであり、店舗です。

なのでホームのみんなと、喜びを共有できたらなとおもいます。

聞くところによると、サマーセッションは期間が短く、お試し期間にはうってつけとのことです。

以後も続投するかどうかは終わってみて決めようとおもいます。

恥ずかしいですが、期待と不安が文字通り入り交じっている心境です。

ですが、これを機にまた、ブログを書ける機会も増えるかもしれません。

新しいビリヤードライフを構築できる機会になるかもしれません。

そこにまずは期待します。

不安もいっぱいあるんですけどね。

筆者、見た目ほど社交的なタイプではないし、今までのビリヤードスタイルを、或る部分、崩す必要も出てくるのだろうし。

そういった辛抱ができんのかな??筆者。

なんせ昔の人間ですから筆者は。ビリヤード暦21年目ですから。

まーそんなかんじです。

また、報告できることがあれば書いていきますね。

みなさん、それでは。

続・DI-PROシャフト加工

まずは大変お手数ながらこの過去ログを読んで流れを掴んで戴きたいのであります。

2010年05月18日過去ログ→ DIPシャフト加工

この度(つっても半年以上経過しましたが)、ようやく実行に踏み切りました!

「DI-PROシャフトのニス取り」

細かい説明は割愛しますが、この施術は当然「メーカーサポート外対応」でしょう!

今回は無理を言って某優良リペア工房にお願いしました。

ニスを取る手段は

薬品でニスを浮かせて取る

サンドペーパーで少しずつ削っていく

技師さんには、上記の2種類があると言われましたが、後者を選択しました。

木の健康面を考慮すると、断然後者が良いそうです。

んで、果たして筆者のブレイクは良くなんのかな? ←モロに核心

ニスが取れて、滑りやすくなるのは間違いないんだけど、削ってるわけだから、軽くもなったんだろうし、パワーも強度も落ちたのだろうし。

このDI-PROシャフトは、何度かメーカー側で「仕様変更」してるとも聞きました。

アッシュ部分の長さが変わったりしてるそうです。

でも、筆者が買ったのは発売日―。超プロトタイプじゃんよ(涙)

2009年06月28日過去ログ→ 【DI】ディープインパクト・プロを即買い〜♪【PRO】

ある日壊れたりしたとしても、しょうがないようなことをしてしまったわけです。

多分大丈夫だとおもっていますが、まだなんとも言えません。ともかく明日から使っていきます。

ちなみに、今回の施術費用は1400円でした。そう、お手頃。それが筆者の躊躇をおおいに後押ししたんですね。

また機会があれば続編でお伝えしたいとおもいます。

でわまた♪

15周年記念ジャンプキュー♪

最近、いつになく物欲が“ほとばしって”いる筆者です。

先日、仕事の休憩中に、かの「Onthehill !」に数日ぶりにアクセスしたんだけど

タイムリーに目に飛び込んできた活字に、「ぴくぅ!」としたのであります。

こんなん ↓

「■ KeithAndy15周年記念限定モデル!」

ジャンプのヘタさには定評のある筆者、気になってたんだよ。前々から。

「キースアンディーのジャンプキュー」ってやつがっっっ!

meccaの川畑さん(2010当時・現在沖縄)が持っていて、なんでも飛ばしまくっててね。

とにかくすんげえ太いの。「反則なんじゃね?」っていうくらいに(笑)

今回、特別価格らしくて、カラーもブラックということで、おもいきって予約してしまったよ。

わくわくしながら待ってるところ。到着したら画像うpするかもです。

てかね、今回を機に、ちゃんとジャンプを練習・訓練するつもりでいます!

指導者募集!なんてね(笑)


2月吉日、無事到着しました!満足♪

球聖戦C級戦2011

当ブログを開設して以来、3度目の球聖戦C級戦の記事になります。

結果からになりますが、今年はC級戦を勝ち抜くことができませんでした。

筆者にしては珍しく、勝ち勝ちで勝者ゾーンから最終戦に臨みましたが、ここを見事に撃沈。

久々の「白手球」のせいなのかどうか、今でもわからないのですが、手球が本当に思うように運べませんでした。

空クッションも随分ファールしてしまいました。「せめてセーフは」という難易度のやつを。。

結局、相手の思い切りのいいナイスプレーの前に轟沈。めっちゃ凹んでの永い敗者最終待ちとなりました。

敗者最終戦、勝ち上がってきたのは、筆者が勝者2回戦で敗者に突き堕とした若者でした。

彼にしてみれば「リベンジに燃えての再戦」だったに違いありません。

筆者は今日まで全く彼を知りませんでした。キングドーム所属のOさん。ブレイク時の体の使い方が米津さんを想起させる雰囲気で、普段からよく一緒に撞いたりしているのかなあ、とおもいました。

若いのに、礼儀正しい爽やかなプレースタイルで、筆者は初対戦の段階でかなり嬉しい気分になっていました。

「ああ、こういう若者と今これから真剣勝負ができるんだな」ってね。

初対戦(勝者2回戦)は2-4の劣勢からスーパーミラクルどフロックを織り交ぜての4連取で勝利。恥ずかしいけど心底喜べる勝ちだった。

そんな流れを経ての最終戦。

待ち時間の疲労やらサバイバルバトル特有のプレッシャーやらで、安い言い方をすれば泥試合、ミスの目立つ、満身創痍同士のたたかいとなりました。

敗者戦は5先。

3-4でリーチをかけられるも、彼はまさかの8ボールミス。レール際の球をピシャって叩いてのカタカタ。

ヒルヒル。俺ブレイク。

「超・救いようのないヘボブレイク」からのブレイクスクラッチ。相手手球フリー。配置、オープン。

さすがに観念?いやいや、そんなムードじゃないし。お互い一球一球紡いででここまで来てんだから。

彼、フリーボールから2球目で、ショットスピードミス。自ら「ビッチリ車庫入れ」。セーフとるのも至難な空クッションに自らお膳立て。

ん?いい形で回ってくるのか???

期待しかけた刹那

彼、空クッションからミラクル劇的イン。&ネキ、ドンピシャ。

そのまま、根性の取りきりでゲームセット。

負けましたぁ。

うーんとさ、まあ、いろいろあるけど

「思い通り撞けてなかった」のはお互い様でしょう。

最後の一球までわからないたたかい2試合。

財産になりましたー。ありがとう。
検索BOX
気になる人名・用語を入れて下さい
(BLOG内でHITがあれば一覧で表示します)


ビリヤード用語を検索できます
(ビリヤード総合情報サイト【ビリヲカ】にジャンプします)




Photo
  • 東日本新潟選手権2012(6)
  • 東日本新潟選手権2012(5)
  • 東日本新潟選手権2012(4)
  • 東日本新潟選手権2012(4)
  • 東日本新潟選手権2012(3)
  • 東日本新潟選手権2012(2)
  • 第8回生ビールカップ
  • 第8回生ビールカップ
  • 第8回生ビールカップ
  • 第8回生ビールカップ
  • 第8回生ビールカップ
  • 第8回生ビールカップ
  • 第8回生ビールカップ
  • 第8回生ビールカップ
  • 第8回生ビールカップ
  • 第8回生ビールカップ
  • 第8回生ビールカップ
  • ビリヤードを教える
  • 本当に美味しかったうどん
  • 再び生ビールカップ!
  • 東日本神奈川テンボールトーナメント2012(1)
  • ネプチューンクリスマスカーニバル2011
  • ネプチューンクリスマスカーニバル2011
  • ネプチューンクリスマスカーニバル2011
  • ネプチューンクリスマスカーニバル2011
  • ネプチューンクリスマスカーニバル2011
  • ネプチューン
  • ナインボールクラシック・レディース&メンズ2011
  • 生ビールカップ 〜おまけ〜
  • 生ビールカップ 〜おまけ〜
  • 生ビールカップ 〜おまけ〜
  • 生ビールカップ 〜おまけ〜
  • 生ビールカップ 〜おまけ〜
  • 生ビールカップ 〜おまけ〜
  • 生ビールカップ 〜おいwwww〜
  • JPAフェスティバル2011
  • ガイルにて
  • GPE-2
  • ビリヤードバトン@史上最高のCクラス♪
  • 【ご自由に】ビリヤードバトン【ぜひぜひ】
  • ナインボールクラシック・チャンピオンシップ(3)
  • 頑張れ
  • 頑張れ
  • ビリヤード雑文【NO.1~10】
  • 【最高設定】史上最大の作戦【爆裂必至】
  • ファイナリスト。
  • ファイナリスト。
  • ファイナリスト。
  • ファイナリスト。
  • ナインボールクラシック・チャンピオンシップ(2)
  • 『ビリヤード & ダーツ ロッシ』がOPEN
  • シーホースが閉店 〜夏の終わりに〜
  • シーホースが閉店 〜夏の終わりに〜
  • シーホースが閉店 〜夏の終わりに〜
  • 初タイトル。
  • 初タイトル。
  • 照屋くんがプロ入り
  • マニラからの恐怖
  • 神奈川選手権結果報告
  • 今週末は神奈川選手権!
20101219_ナインボールクラシック
Library
--2012年7月--
フォームについて
ビリヤードを教える
--2012年6月--
『TEPPEN』に登場したビリヤード
--2012年5月--
新しいキューに慣れて
--2012年3月--
キューを9年ぶりに購入
グランプリイースト視聴中
--2012年2月--
セカンドキュー
本当に美味しかったうどん
「スポーツ」その後
再び生ビールカップ!
--2012年1月--
東日本神奈川テンボールトーナメント2012(2)
東日本神奈川テンボールトーナメント2012(1)
ターニングポイント。
新年のご挨拶
--2011年12月--
ネプチューンクリスマスカーニバル2011
ネプチューン
めりくり。
ナインボールクラシック・レディース&メンズ2011
生ビールカップ 〜おまけ〜
生ビールカップ 〜閉幕〜
生ビールカップ 〜おいwwww〜
生ビールカップ 〜ひしひし〜
生ビールカップ 〜かねてより〜
--2011年11月--
JPAフェスティバル2011
戻っています。
出発進行
15の夜
--2011年10月--
ガイルにて
月末のビリァード
--2011年9月--
茅ヶ崎にビリヤード『gail』OPEN
神奈川選手権
新チーム決定!
ロートル
グループリーグ敗退
三周年
--2011年8月--
試合で不調時の対応
JPA初シーズン終盤。
--2011年7月--
渋谷と志木で(4)
渋谷と志木で(3)
渋谷と志木で(2)
渋谷と志木で
カーリープロ
アシスタント
--2011年5月--
球聖戦A級戦
JPA参加
--2011年4月--
アロウズカップのお知らせ
--2011年2月--
続・DI-PROシャフト加工
15周年記念ジャンプキュー♪
--2011年1月--
球聖戦C級戦2011
東日本神奈川テンボールトーナメント
Acco姐ェの“企み”に乗ろう
--2010年12月--
巨星と50先!か〜ら〜のクラシック。
スポーツ
--2010年11月--
☆URL変更のおしらせ☆
関わってくれた方に
--2010年10月--
内垣建一オフィシャルサイト 〜TAMAYAONGAGU〜
--2010年9月--
うれしい球
二周年
--2010年8月--
【8/2】ニュース・クリップ【更新】
--2010年7月--
おいらのツイッター必勝法♪
初心者に贈るポケットビリヤードの世界
ビリヤード雑文【NO.21~25】
--2010年6月--
コメントについて
いつからか
ニュース・クリップ【NO.1~10】
--2010年5月--
ミニバトン♪
DIPシャフト加工
ビリヤード雑文【NO.11~20】
GPE-2
ビリヤードバトン@史上最高のCクラス♪
--2010年4月--
バトンやります!
【ご自由に】ビリヤードバトン【ぜひぜひ】
お宝。
どうでしょうか
奇妙な
全関東9ボール選手権
ナインボールクラシック・チャンピオンシップ(3)
頑張れ
--2010年3月--
WNケースのそれから
JO決勝日。
JO初日。
2010 GPE-1
いちグランプリプレイヤーとして
--2010年2月--
球聖戦B級戦(2)
またキューケースを
ブログランキングで1位に!
球聖戦C級戦(2)
ビリヤード雑文【NO.1~10】
東日本ローテーション
--2010年1月--
2月、3月は激アツゾーン
試合後記
ADAM CESPA CUP
2010年はカイルンに期待
あけましておめでとうございます
--2009年12月--
本当のビリヤーダーになる方法(3)
本当のビリヤーダーになる方法(2)
本当のビリヤーダーになる方法(1)
次号予告!
いろいろ黄色信号
今期は面白いことになりましたね〜
--2009年11月--
【YouTube】ブスタマンテVS筆者【チャレンジマッチ】
【最高設定】史上最大の作戦【爆裂必至】
ミカ・イモネンという名のビリヤーダー
【久々の】真・マニラからの恐怖【丸岡良輔】
全日本選手権'09開催中〜
--2009年10月--
FUJIYAMA公式戦に参加〜\(^▽^)/
今一度読んでほしい過去ログ集 ≪おもしろ逸話編≫
今一度読んでほしい過去ログ集 ≪自論展開編≫
【突然イベント】『チョークバトル』、決着!【内輪ネタ】
--2009年9月--
八月と九月の雑記
【JPBF】住吉プロの曲球【You Tube】
筆者のブックマーク
沼 〜チーン〜
いってきまーす(*^-^)
『FUJIYAMA』を体得!
関東オープン(2)
一周年
キューケースを一新!
--2009年8月--
ファイナリスト。
私事で恐縮ですが…報告。
ナインボールクラシック・チャンピオンシップ(2)
『ビリヤード & ダーツ ロッシ』がOPEN
シーホースが閉店 〜夏の終わりに〜
東日本TOKYOナインボール
七月雑記
人それぞれ
--2009年7月--
ビッグバンカップあつ〜!
今日はありがとう。
景色
じょうきげん(‐^▽^‐)
メカニカルブリッジと逆手と片足。
--2009年6月--
六月雑記
2000年 都道府県対抗の動画
【DI】ディープインパクト・プロを即買い〜♪【PRO】
『アルファ』 → 『314-2』
--2009年5月--
五月雑記
グランプリ初参戦
大将ではない男の独り言1
初タイトル。
ビリヤードにおけるお作法 〜初めて相撞きするとき編〜
シーホース9ボール選手権 
--2009年4月--
四月雑記
神さま〜
ふたつのスキル

おめでとう、丸岡良輔。
ナインボールは限界点にきている?
--2009年3月--
アレックス・パグラヤンという名のビリヤーダー
【本日決着!】プレゼント抽選サイト【飛び道具♪】
三月雑記
.☆.+:^ヽ(∇^*)o【♪壱万♪】o(*^∇)ノ^;+.☆.
取り急ぎ。
【みなさん】10000アクセス記念プレゼント【ありがとう】
事前告知…イイ!(・∀・)
「最終目標」て設定してますか
二月雑記
--2009年2月--
球聖戦B級戦。
試合中「座っている時」の心理
ジャパンオープンは、みんなで!
禅問答
【ヒルヒル】球聖戦C級戦【ピヨピヨ】
ストリックランド来日中(・∀・)
一月雑記
--2009年1月--
【襲撃!】シーホース「丘仁杯」【撤収〜】
筆者の伝説 〜フルボッコの果てに〜
ビリヤードブロガー(^▽^)/
【MEZZ】糸巻きを交換しました【EXCEED】
撞けましてタマでとう!
--2008年12月--
裏街道の達人
ナインボールクラシック・スペシャル雑記
プレイヤーとしての2008年を総括
照屋くんがプロ入り
--2008年11月--
「言い訳」について
着地点
ビリヤーダーなきっかけ
SUMIYOSHI HIROMI
--2008年10月--
マニラからの恐怖
チョーク3年分いただきました!
ナインボールクラシック・チャンピオンシップ結果報告
ひとりれんしゅう
ビリヤード紅白に行きました。
持ち点アップ!
"ジュニア世代"に告ぐ 〜地下2階から〜
【奪還!】ナインボールクラシック・チャンピオンシップ【無理?】
「マイチョーク派」ですがなにか?
--2008年9月--
ドットボールについて
キャロム用のキューが欲しい〜!
「遅撞き」について
神奈川選手権結果報告
【試合の当日】トラウマ的な失敗談【氏にたい…】
今週末は神奈川選手権!
クラス分け(ハンデ)について
ハイテクシャフトについて
関東オープン
第1木曜日は…!
今週末は”関東OP”
ハイブリッドアルファを入手
Weekly Accesses

    Total Accesses
    • 累計:

    • ライブドアブログ

    トップに戻る